泉大津AI研究会

Izumiotsu AI research meeting

泉大津AI研究会






研究会の理念


1. 泉大津AI研究会は、開発されたモデルを理解し、実際の現場・ビジネスに落とし込む活動を行います。
2. 泉大津AI研究会は、自学自習の精神を持ち、必要な情報を自ら集められる、AI人財の育成を行います。






研究会発足の理由


• 最新のAIの技術を研究している団体はあれど、実際のビジネスにまで落とし込めている団体は特にありません。
• 今のAI業界は、1か月程度のスピード感で新しい技術が開発されています。しかし、それらの情報を自らキャッチアップし、自分のものにできる AI人財が必要ですが、実際にできている団体は多くありません。  

固有のロボティクスを持つ(株)HCIとの共同研究により、実機を用いてAI開発ができるこの泉大津市でAI研究会を発足し、人々や社会に貢献するために努力いたします。






AI人財の3分類






研究会の体制






研究内容






2018年度 研究スケジュール



※ 自然言語処理は2019年度からの研究開始を検討
※ DDPGはロボット(微細ピッキングロボット、またはテストロボット)への導入も検討






泉大津AI研究会の活動と泉大津AI研究会の役割






広報活動


研究会の成果をインターネットに公開・発信いたします。
•泉大津顕AI研究会は日本からだけではなく、世界からのアクセス・お問い合わせを歓迎いたします。